【11月20日 AFP】米プロバスケットボール(NBA)でオールスターゲーム(NBA All-Star Game)に10回選出されているカーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)が、ポートランド・トレイルブレイザーズ(Portland Trail Blazers)に加入することが19日にチームから発表された。

【関連記事】「まだ自分はプレーできる」、FAになったアンソニーがNBAで再起誓う

 アンソニーはヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)から放出されて以来、1年以上も実戦から遠ざかっているが、ここまで5勝9敗で西カンファレンス下位に沈むブレイザーズ加入が決まった。背番号は00。

 チームのバスケットボール部門代表を務めるニール・オルシェイ(Neil Olshey)氏は、「カーメロはリーグでの実績豊富なスター選手で、ロッカールームでは頼れる存在になってくれるだろうし、コートでもわれわれが必要としているポジションのスキルを備えている」と話した。

 アンソニーも自身のユーチューブ(YouTube)チャンネルで、キャリアの次のステップを楽しみにしていると話し、ブレイザーズ加入について「ポートランドにはいつも注目していた。これまでは縁がなかったが、今回は完璧な機会に思える」とコメントしていた。

 現在35歳のアンソニーは、デンバー・ナゲッツ(Denver Nuggets)とニューヨーク・ニックス(New York Knicks)、オクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)、そしてロケッツで過ごした16シーズンで、レギュラーシーズン1064試合に出場して1試合平均24得点の記録を残している。

 米国代表としても活躍し、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した。(c)AFP