【11月10日 AFP】ポーランドでトラックから衰弱した状態で保護されたトラ9頭が、受け入れ先の動物園で徐々に回復している。トラたちの窮状には、世間の同情が集まっていた。

 トラックは先月22日、トラ10頭をのせてイタリアを出発。ポーランドとベラルーシの国境で数日間足止めを食らった。この過酷な旅で1頭が死んだ。

 トラを受け入れた西部ポズナニ(Poznan)の動物園を8日に取材したAFPカメラマンによると、同園に引き取られた7頭には現在、ビタミンや無機塩を加えた餌が与えられている。

 同園の職員によると、トラの内訳は雄3頭と雌4頭。今もストレスに苦しみ攻撃的な状態で、通常ならば1日当たり5~6キロの牛肉か馬肉を食べるが、現在はその半分しか食べていない。獣医師によると、数日間何も食べていなかった場合、餌の量を少しずつ増やしていかなければならないという。

 別の動物園に引き取られた2頭も回復している。

 動物愛好家らが衰弱したトラたちの避難所をつくるための基金を立ち上げたことを受けて、両園がトラたちを受け入れた。

 ポーランド当局は先週、イタリア人のトラック運転手2人と、トラの移送を計画したとみられるロシア人の男を、動物虐待の罪で訴追したと発表した。運転手2人はポーランドで勾留され、トラックは押収された。

 トラはロシア南部ダゲスタン(Dagestan)共和国の動物園に寄贈される予定だったとされるが、所有権がこの動物園と伊ローマの繁殖施設のどちらにあるのかは明らかになっていない。(c)AFP