【11月9日 CNS】中国・河南省(Henan)済源市(Jiyuan)王屋山(Wangwushan)で先月26日、「土食い大会」が開催され、数千キロの「土饅頭(訳注:小麦粉を練ってつくった団子を特殊な土の粉を用いて加熱し焼き上げた食品)」が巨大なおわんの絵のように並べられ、1000人を超す来場客に無料で振る舞われた。

「土饅頭」は河南・済源の伝統的食品で、小麦粉を主原料とし、卵、ゴマ、ごま油などを加え、王屋山の特有な白い土を使って加熱してつくられる。胃腸の機能を整える作用があると言われている。(c)CNS/JCM/AFPBB News