【11月8日 AFP】メキシコで末日聖徒イエス・キリスト教会(Church of Jesus Christ of Latter-day Saints、通称モルモン教)信徒の米国籍の女性3人と子ども6人が殺害された事件で、メキシコ当局は6日、犠牲者らは間違われて麻薬組織ラ・リネア(La Linea)の標的にされた疑いがあると明らかにした。一方、悲しみに暮れる遺族は、犠牲者らは意図的に殺害されたと主張している。

 米国とメキシコの二重国籍を持つ女性3人と子ども6人は、米国境に接するソノラ(Sonora)州とチワワ(Chihuahua)州を結ぶ道路を車で移動していたところ襲撃され、集中砲火を浴びて死亡した。

 銃撃の際、同乗していた他の子ども8人が逃げたが、うち6人は負傷した。事件は米国とメキシコ双方に衝撃を与え、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領はメキシコの麻薬カルテルに対する「戦争」を叫んだ。

 捜査を行ったメキシコ当局は、チワワ州に拠点を置く麻薬組織ラ・リネアが、ソノラ州に拠点を置くライバル組織「ロス・サラサル(Los Salazar)」の襲撃を回避するために、事件が発生した無法な山岳地帯へ武装集団を派遣したと述べている。

 しかし犠牲者の親族らは、間違われて襲撃を受けた可能性を否定し、家族は意図的に標的にされたと主張している。

 遺族の一人はAFPに対し、「私たちの家族が巻き込まれたという、カルテル同士の決闘も銃撃戦もなかったはずだ。彼らは殺害された。大勢が殺されてしまった。チワワ州の麻薬組織が単独で実行した殺人だ」と述べた。

 娘や孫が犠牲となった男性によると、逃げた子ども2人は叔母に当たる女性が、降伏を示すジェスチャーで手を上げて車から降りたところで射殺されたのを目撃したという。

 今回犠牲となったレバロン(LeBaron)一家とラングフォード(Langford)一家が襲撃されたのはこれが初めてではない。メキシコで犯罪撲滅を目指す団体「SOSチワワ(SOS Chihuahua)」を設立したベンジャミン・レバロン(Benjamin LeBaron)氏は2009年、当時16歳だったきょうだいの誘拐を受けて抗議運動を主導していた際に暗殺された。

  映像前半は犠牲者らの葬儀、7日撮影。後半は信徒らの居住地域を警備する国家警備隊(National Guard)、6日撮影。(c)AFP