【11月5日 AFP】中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は4日、上海で香港の林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)行政長官と会談し、香港の民主派によるデモへの対応を評価するとともに、同長官への「厚い信頼」を伝えた。

 中国国営新華社(Xinhua)通信によると、両者の会談は「中国国際輸入博覧会(International Import Expo)」のために訪問中の上海で行われた。

 その中で習主席は「林鄭長官は香港政府を率い、情勢の安定と社会的雰囲気の改善のために努力し、多くを成し遂げている」と述べた。また中央政府は林鄭長官を非常に信頼していると伝え、同長官と香港行政府の働きを全面的に評価しつつ「暴力と混乱を収束させ、秩序を回復することが現時点での香港の最重要任務だ」と述べた。さらに習氏は、人々の生活を向上させ、社会の全部門との対話を持つために「有効な努力」がなされるよう求めた。

 中国共産党は先ごろ、香港行政長官の選出・任免制度を変更することで合意している。

 映像は中国中央テレビ(CCTV)が4日撮影・提供。(c)AFP