アクセラの全面変更を機に、日本でも海外向けと同じ数字車名への変更を推し進めているマツダ。その戦略にともない末っ子のデミオも車名を"2"へと改名すると同時に一部改良が行われた。

一番の変更点 はフロント・デザイン。薄型のヘッドライトをはじめとする最新のマツダ・ルックを取り入れることで、従来型よりも大人っぽい落ち着いた印象へとイメージチェンジが図られた。

マツダ3で導入された新技術の採用や脚まわりの変更など中身も進化。これらにより乗り味はしなやかさを増し、雑味も薄れ、見た目同様、より大人っぽい上質な動きを手にした。天井の内張りの変更で静かになったのもマル。