【11月5日 People's Daily】第2回中国国際輸入博覧会(CIIE)が開幕し、コンテナで運ばれた世界各地からの展示品が上海で展示されている。

 2018年の第1回輸入博は、世界中の注目を集めるほどの成果を上げ、172の国・地域、国際機関と約3600社の企業が参加し、80万人以上が会場を訪れた。年間ベースでみると、意向成約額は累計578億3000万ドル(約6兆2861億円)に上り、出展国の範囲、展示ブースの面積、企業の数と質などはいずれも予想を上回った。初の開催にして世界10大ビジネスイベントに躍進し、輸入博は国際博覧会史上における画期的試みとなった。

 第2回に出展する国・地域、国際機関、企業の数は第1回を超え、展示面積も30万平方メートルから36万平方メートルに増えた。世界トップ500社と各業界のリーディングカンパニーが250社以上出展し、より多くの新製品、新技術、新サービスが「世界で初めて発表され、中国で初めて展示される」。

 輸入博の開催は時代の流れに応じたものであり、その誘致力とカリスマ性は非常に強い。なぜこれほどまでに誘致力が強いのか。第1回の「反響」と第2回への期待からその一端がうかがえる。

 輸入博では新製品をすぐに試し、導入することができる。バングラデシュのダダバングラ社は昨年、ジュートの手工芸品を出展し、会場では特色ある製品として来場者の人気を集めると、その後、商品は上海高島屋(Takashimaya)のアートスペースで扱われるようになった。

 化粧品大手のロレアル(L'Oreal)は輸入博を「新製品を導入し、人気商品を生み出す『加速装置』」と位置づける。ロレアルが昨年の輸入博で初めて発表した4大ブランドは、すべて中国市場で販売されるようになり、多くの新製品が爆発的な人気商品になった。今年は1000点以上の展示品をひっさげ、数量は第1回の倍になり、このうち約3分の1は中国の消費者に初めてお目見えするものだという。

 輸入博では、中国の消費の拍動を感じることができる。これまでずっと大口取引モデルを続けてきたブラジルの牛肉ブランドは、第1回の会場でヒントを得て、少量パッケージの製品を打ち出したことから、中国の一線都市だけでなく、西南地域、東北地域などの三線都市までカバーするようになり、売り上げが大幅に増加した。

 また、博覧会では最良の協力パートナーを見つけることができる。欧州のスキンケアブランド・ステンダーズ(Stenders)は、第1回輸入博を通じて知られるようになり、大勢のバイヤーとの間で終了後にさらなる交渉が行われた。少し前には、中国石化(深セン)電子商務有限公司とステンダーズが調達意向書にサインし、中国石化のガソリンスタンド、ECプラットフォームなどのルートでステンダーズブランドの製品が手に入るようになった。

 ここには世界中の熱意あるバイヤーが集まっている。昨年、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の展示ブースは、各国の政府代表団を受け入れ、中国の有名病院50か所以上と調達覚書に署名した。ドイツの家電メーカー・フォアベルク(Vorwerk)は、子会社のスマート掃除ロボットを出展して成功した。今年はすでに中国市場に進出している傘下のブランドを集中的に展示する。会場では、たくさんの医療機器、製造設備、精密機器などの展示品が並び、ふさわしい買い手が現れるのを待っている。

 ニュージーランドの乳製品ブランド・ルイス・ロード・クリーマリー(Lewis Road Creamery)は、ここ2年ほど中国市場進出の準備を進めてきた。今年は自国市場で人気の高いチョコレート牛乳とイチゴ牛乳を展示し、中国の消費者に紹介する。同社の社長は、「第1回輸入博が成功し、ルイスを含むニュージーランドの現地ブランドの多くがこの無限の発展の潜在力を備えた中国の巨大市場をより重視するようになった。輸入博というチャンスを通じて、中国市場における当社製品の長期的発展のための着実な基礎を打ち立てたい」と述べた。(c)People's Daily/AFPBB News