【10月25日 Xinhua News】中国の四川省(Sichuan)成都市(Chengdu)とチベット自治区(Tibet Autonomous Region)ラサ市(Lhasa)を結ぶ川蔵道路は、同自治区パシュー県内に約12キロのつづら折りの区間があり「怒江72曲がり」と呼ばれている。同区間は標高4658メートルの業拉山を越え、蛇行しながら約3100メートルの怒江渓谷まで下る。高低差は1500メートル近くあり、雄大で美しい景色が広がる。(c)Xinhua News/AFPBB News