【10月21日 AFP】英国のヘンリー王子(Prince Harry)は、兄のウィリアム王子(Prince William)とは「異なる道を歩んでいる」とし、2人の関係には「良い日」もあれば「悪い日」もあると述べた。

【特集】世界のプリンス

 ヘンリー王子はこの数か月間、ウィリアム王子との関係に亀裂が生じているとのうわさに悩まされてきた。昨月、妻のメーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)と南アフリカを訪問した際、英民放ITVが行ったインタビューでは、王室一家としての役割やそれによって直面する圧力などにより「避けられない出来事が起きた」ことを認めた。

 さらにヘンリー王子は「僕たちは兄弟だ。いつでも兄弟であり続ける」と述べ、「現在は確かに異なる道を歩んでいるが、彼のためにいつでもそばにいるし、彼も僕のためにそばにいてくれるだろう」と語った。

 また「僕たちはとても忙しく、以前ほど顔を合わせていないが、彼のことを心から愛している」とし、「起きたことの多くは、何でもない理由によるものだった。でも兄弟には、ご存じの通り、良い日もあれば悪い日もある」と述べた。(c)AFP