【10月17日 時事通信社】米司法省は16日、韓国拠点のインターネットサイトを通じた児童ポルノ販売を世界各国で摘発し、これまでにサイト運営者の韓国人と利用者の計338人が逮捕・訴追されたと発表した。見つかった映像類は25万点以上、押収量は約8テラバイトに上り、この種の事件では過去最大規模の一つという。

 サイトからのダウンロードは100万回を超え、利用者は支払いに暗号資産(仮想通貨)ビットコインを使用していた。利用者が逮捕されたのは米国、韓国のほか、英国、ドイツ、サウジアラビア、スペイン、ブラジルなど広範な国に及ぶ。

 捜査は米内国歳入庁(IRS)の犯罪捜査部門などが、関係国と協力して実施。その過程で少なくとも23人の未成年が保護された。

 米国、英国、韓国の捜査当局が2018年3月、サイト運営者を逮捕しサーバーを押収した。ロイター通信によると、運営者は既に韓国で実刑判決を受け服役中。サイト閉鎖までに少なくとも37万ドル(約4000万円)相当のビットコインが支払われ、3カ所の交換所で資金洗浄(マネーロンダリング)が行われたとされる。(c)時事通信社