【10月12日 AFP】イタリア文化省が11日、古代ローマの都市ポンペイ(Pompeii)で、剣闘士(グラディエーター)を描いた鮮やかなフレスコ画が発掘されたと発表した。フレスコ画には、よろいを身に着けて立つ勝者と、傷口から血を流しながらよろめく敗者が描かれている。

【編集部おすすめ】ローマ皇帝ネロの黄金宮殿、「秘密の部屋」を発見

 青と赤と金色で描かれた美しいフレスコ画が発掘された場所について、専門家らは、剣闘士らの行きつけの酒場だったと考えている。当時、剣闘士は市民の娯楽のため、同業者や囚人、野生動物と闘った。

 ポンペイの発掘調査を率いているマッシモ・オザンナ(Massimo Osanna)氏は、「この闘いの結末は分からない。剣闘士は殺されるか、慈悲をかけられるかだった」と説明し、「特に興味深いのは、敗北した剣闘士の手首と胸にある傷が極めて写実的に表現されている点だ。血が流れ出てズボンがぬれている」と語った。

 このフレスコ画は縦112センチ、横150センチ。地下室とみられる場所で発掘され、フレスコ画の上には木製階段の跡も見てとれる。酒場だったとみられる建物は、ポンペイの発掘エリア「レッジョ5(Regio V)」で見つかった剣闘士の宿舎から遠くない場所に位置していた。

 これまでのところ、レッジョ5でのおそらく最も重大な成果は昨年発見されたもので、遺跡の家屋跡に書き残された文字から、ポンペイがベスビオ火山(Mount Vesuvius)の噴火で壊滅的な被害を受けたのは、これまで考えられていた西暦79年8月24日ではなく、同年10月17日以降だった可能性が出てきた。(c)AFP/Ella IDE