【10月8日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は7日、67歳の誕生日を迎えた。

 プーチン大統領は、トラを追ったり深海でダイビングをしたりと、パワフルな姿がよく写真に収められている。

 しかし7日の誕生日を記念して公表された動画の中のプーチン氏は、ロシアのより穏やかな自然を満喫している様子だった。

 セルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相と共に、シベリア(Siberia)のエニセイ(Yenisei)川沿いの山へ週末旅行に出掛けたプーチン氏は、キノコ狩りを楽しんだ。

 政府が公開した動画には、両氏がキノコを採り、その香りを嗅ぐ様子が映っている。

 シベリア南部の自然が美しい地域で、標高2000メートルの地点を歩くプーチン氏は、息を切らしながら「雲の上まで登ってきた」と話した。

 大自然への愛を語り、他のロシア政府関係者とは違って狩猟は差し控えてきたプーチン氏。その一方で、手付かずの自然が残る北極地方での石油掘削を支持し、地球温暖化には懐疑的な姿勢を示している。

 ロシアでは、「静かな狩猟」と呼ばれるキノコ狩りが盛んで、レフ・トルストイ (Leo Tolstoy)の小説「アンナ・カレーニナ(Anna Karenina)」をはじめとするロシア文学でも描かれている。今がちょうど旬を迎えている。

 映像はクレムリン(ロシア大統領府、Kremlin)が7日提供。(c)AFP