【10月6日 Xinhua News】10月になり、本格的な観光シーズンが始まったトングリ砂漠の南側にある中国・寧夏回族自治区(Ningxia Hui Autonomous Region)中衛市(Zhongwei)の沙坡頭(Shapotou)風景区には、「国慶節」の大型連休(10月1~7日)の最初の3日間で延べ8万人の観光客が訪れた。

 南に黄河(Yellow River)、北にトングリ砂漠が隣接する同地の独特な風景が、多くの観光客を魅了している。(c)Xinhua News/AFPBB News