【10月7日 CNS】中国政府がテロ対策のセキュリティー機器をスリランカに提供する式典が9月27日、スリランカ大統領府で行われた。

 スリランカのマイトリパラ・シリセナ(Maithripala Sirisena)大統領やスリランカ駐在の程学源(Cheng Xueyuan)中国大使らが式典に出席。中国からスリランカに500台の金属探知機、25台の安全検査ゲート、50台のX線検査システムをはじめ、爆発物探知機、薬物探知機などを提供した。これらの機器を使いこなすための技術チームもスリランカに送る予定だ。

 程学源大使は「兄弟のように友好的な国として、中国はできる限りスリランカへの支援を強化し、両国間の協力関係を推進させたい」と語った。

 スリランカでは今年4月21日にテロ事件が発生。スリランカ政府は世界の友好国にセキュリティー強化のための支援を求めていた。シャンタ・コッテゴダ(Shantha Kottegoda)国防長官は「中国政府が積極的に応じてくれたことに、スリランカ政府と警察は深く感謝する」と述べた。 (c)CNS/JCM/AFPBB News