【9月23日 AFP】米大リーグ(MLB)、ヒューストン・アストロズ(Houston Astros)は22日、ロサンゼルス・エンゼルス(Los Angeles Angels)を13-5で下し、3年連続のア・リーグ西地区優勝を果たした。

 ホームで満員の観客から声援を受けたアストロズは、先発ジャスティン・ヴァーランダー(Justin Verlander)が5回を投げて今季20勝目(6敗)を記録。打ってはジョージ・スプリンガー(George Springer)が3本塁打の大活躍を見せた。

 自己最高のシーズン24勝を記録した2011年に次ぐ数字を残しているヴァーランダーは、MLB史上18人目の通算3000奪三振まであと6としている。36歳の右腕は、28日に敵地で再びエンゼルス戦に登板予定となっており、そこで大記録を達成する可能性がある。

 昨季は最終的にワールドシリーズを制したボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)の前にア・リーグ優勝決定シリーズで敗れたアストロズは、ここ3シーズンで2度目の世界一を目指している。(c)AFP