【9月23日 AFP】タンザニア・ザンジバル(Zanzibar)諸島のリゾートホテルで、海中から交際相手の女性にプロポーズした米国人男性が水死する事故があった。ホテル側が21日、明らかにした。

 亡くなったスティーブン・ウェバー(Steven Weber)さんは、交際相手のケネシャ・アントワヌ(Kenesha Antoine)さんと、ハネムーン先として人気のペンバ(Pemba)島にあるホテル「マンタ・リゾート(Manta Resort)」に滞在していた。

 2人が宿泊していたのは、このリゾートが売りにしている「海中ルーム」と呼ばれる1泊1700ドル(約18万円)の客室。島の沖合に浮かんだバンガロー風の部屋で、海面下にガラス張りのベッドルームがあり、海の中を眺められるようになっている。

 ホテル側はAFPへのメールで、「男性宿泊客が不幸にも、海中ルームの外で単独フリーダイビング中に溺れた」ことを認めた。事故が起きたのは19日だとしている。

 アントワヌさんは20日、海中ルームの窓の外からウェバーさんがプロポーズする様子を映した動画をフェイスブック(Facebook)に投稿した。

 動画の中で、泳いで窓に近づいてきたウェバーさんは、手書きのメッセージを窓越しに見せる。そこには「君の好きなところを全部言えるほど、僕は長く息を止めていられない。でも、毎日どんどん、君の好きなところをもっと好きになる。僕の妻になってほしい、結婚してくれないか」と書かれていた。喜びの声を上げるアントワヌさんに向かって、ウェバーさんは指輪も取り出して見せた。

 その後、ウェバーさんに何が起きたのかは不明で、現在警察が捜査している。

「あなたは深く潜りすぎて、私の答えを聞くために戻って来なかった。私の答えはイエス、イエス! 100万回のイエスだったのに」とアントワヌさんは投稿している。「私たちは、2人で過ごす残りの人生のスタートを一緒に祝うことができなかった。想像し得る限りで最も残酷な運命のいたずらによって、人生最高の日は、最悪の日に変わってしまった」 (c)AFP