【9月12日 時事通信社】英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は11日、2020年版の「世界大学ランキング」を発表した。英米の大学が上位を占める中、東大は36位タイ(前年は42位)に上昇した。ただ、日本勢は全体的に振るわず、上位200位以内に入ったのは前年同様に2校のみだった。

 世界全体の1位は4年連続で英オックスフォード大が維持。2位は米カリフォルニア工科大(同5位)、3位は英ケンブリッジ大(同2位)と続いた。アジア勢の最上位は23位の中国・清華大(同22位)、これに続いたのも24位の北京大(同31位)だった。

 日本勢で東大に続いたのは65位の京都大(同65位)。上位200位以内はこの2校のみで、中国勢の7校、韓国勢の6校に劣った。

 日本勢の不振は国際性の欠如や論文引用数の少なさなどが主因。一方で、同誌は中国勢の台頭を指摘し、「中国は今やアジアの最上位2校の本拠地となった」と述べた。

 ランキングは92カ国・地域の約1400校を対象に実施。教育や研究の質、論文引用数、国際性など13の項目で各大学を数値化した。(c)時事通信社