【9月11日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は10日、タカ派のジョン・ボルトン(John Bolton)大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の更迭を発表した。同氏との間に大きな意見の相違があったと説明している。

 トランプ氏はツイッター(Twitter)に、「ジョンに辞任を求め、けさ(辞任の)連絡がきた」と投稿。「ジョン・ボルトンには昨夜、ホワイトハウス(White House)では彼の役務がもはや必要ないと伝えた」とし、来週、後任を指名する考えを示した。

 一方のボルトン氏は更迭を否定し、自ら辞意を表明したと主張。「昨夜、辞任を申し出たが、トランプ大統領は『この件についてはあす話そう』と述べた」とツイッターに投稿し、ボルトン氏本人に直接解任を伝えたというトランプ氏の説明は事実ではなかったことを示唆した。

 映像前半はボルトン補佐官の更迭を発表したトランプ大統領のツイッター、10日投稿・提供。後半は更迭が発表された日にホワイトハウスの入り口付近で電話するボルトン補佐官、米CBSテレビが10日撮影・提供。(c)AFP