【9月10日 AFP】世界保健機関(WHO)は9日、世界の自殺者数は年間80万人近くに上り、戦争や殺人、乳がんによる死者数を上回っていると報告し、悲劇を防ぐための行動を促した。

 WHOのテドロス・アドハノン(Tedros Adhanom)事務局長は、「進歩はあるものの、依然として40秒に1人が自殺している」と述べ、「すべての死が、家族、友人、同僚らにとっての悲劇だ」と強調した。

 WHOによると、世界全体の自殺率は2010年から2016年までに10%近く低下したが、世界人口の増加を受け、自殺者数は横ばいだった。

 統計の最新年に当たる2016年の自殺率は、世界全体で10万人当たり10.5人だったが、国によってばらつきが大きく、10万人当たり5人にとどまる国々がある一方、最も高いガイアナでは同30人を超えた。

 ガイアナに次いで自殺率が高かったのはロシアで、10万人当たり26.5人。その他、リトアニア、レソト、ウガンダ、スリランカ、韓国、インド、日本で高く、米国でも同13.7人だった。

 報告は、自殺の大半は世界人口の大半が住む低・中所得国で起こっているが、自殺率はより裕福な国の方が高いとしている。

 男女別では、ほぼすべての国で男性の自殺率が女性を上回り、女性の自殺率が男性を上回ったのはバングラデシュ、中国、レソト、モロッコ、ミャンマーのみだった。

 年齢層別では若年層の自殺率が高く、自殺者の過半数が45歳未満で、15歳から29歳では自殺は交通事故に次ぎ2番目に多い死亡原因だった。(c)AFP/Nina LARSON