【9月6日 AFP】史上初めてブラックホールの撮影に成功した科学者347人のチームが5日、世界をリードする科学研究をたたえる「ブレークスルー賞(Breakthrough Prize)」の基礎物理分野の今年の受賞者に選ばれた。米シリコンバレー(Silicon Valley)のIT大手創業者らが創設した同賞は、「科学界のアカデミー賞」として知られ、今年で8回目。

 国際共同プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」は今年4月10日、オレンジ色の炎のように見える高熱のプラズマに周縁を囲まれた超大質量ブラックホールの姿を捉えた世界初の画像を公開し、全世界の話題をさらった。

 米ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)のシェップ・ドールマン(Shep Doeleman)氏率いるチームは、約10年をかけ、世界各地の8基の電波望遠鏡を連携させた地球規模の仮想天文台をつくり上げた。

 仮想天文台の照準は、地球から5500万光年離れた銀河「M87」に設定。各天文台の収集したデータを組み合わせることで、ブラックホールの姿をかつてない精密さで撮影・観測することに史上初めて成功し、ブラックホール理論を確認した。

「今やブラックホールの精密撮影ができる時代となった。これからは、『事象の地平面』や時空地図の作成でも世界初を目指して取り組める」とドールマン氏はAFPの取材に語った。(c)AFP