立教大学の岩手県陸前高田市民向け講座を9/7開講
「LED『ペットボタル®』でイルミネーションを作ろう!」
(2019年度 立教たかたコミュニティ大学 第1回講座)

立教大学(東京都豊島区、総長:郭 洋春)は、2017、2018年度に続き、今年度も立教たかたコミュニティ大学を開講します。今年度は、岩手県陸前高田市が進めるまちづくりのキーワードをテーマに全2回の講座を開催します。

【立教たかたコミュニティ大学とは】
岩手県陸前高田市の協力のもと開設された、陸前高田グローバルキャンパス(岩手大学・立教大学共同運営交流活動拠点。2017年4月開設。愛称:たかたのゆめキャンパス)で展開される、陸前高田市民向けのプログラムです。

【開催概要】
 ■第1回講座
名 称:LED 「ペットボタルⓇ」でイルミネーションを作ろう!
主 催:立教大学陸前高田サテライト  
共 催:陸前高田グローバルキャンパス、サンケン電気株式会社
後 援:岩手県陸前高田市、陸前高田市教育委員会
日 程:2019年9月7日(土)15:00-18:00
会  場:陸前高田グローバルキャンパス 多目的室1(岩手県陸前高田市米崎町字神田113番地10)
内 容:地球環境に優しく経済的な発光装置「ペットボタルⓇ」からクリーンなエネルギーの仕組みや「まちづくり」を学び、実際に「ペットボタルⓇ」を工作します。本講座は、陸前高田「まちづくり総合戦略」に掲げる「 SDGs 」(持続可能な開発目標)関連講座です。
講 師:
深作  操  氏(サンケン電気株式会社 管理本部 CSR 室 担当部長)
伊藤 眞一 氏(サンケン電気株式会社 管理本部 CSR 室 CSR 推進課長)
コメンテーター:舛谷 鋭(観光学部交流文化学科 教授)

【LED「ペットボタルⓇ」とは】
「ペットボタルⓇ」の仕組みは容器に「太陽光パネル」、「充電池」と「LED(発光ダイオード)」を組み込んだもので、昼の太陽エネルギーで発電・蓄電し、暗くなるとLEDが自動的に点灯するというシンプルな発光装置です。