【8月22日 時事通信社】世界保健機関(WHO)は22日、飲料水に混入した微細なプラスチックごみ「マイクロプラスチック」の健康への影響について、初の調査報告書を公表した。微細プラは広く拡散しているが、人体への明確な影響は確認できなかったという。

 ただ、WHOのネイラ公衆衛生・環境局長は声明で、影響が確認できなかったのはデータ不足が大きいとして「速やかに、より詳しい実態を調べる必要がある」と強調した。

 プラスチック製品が摩耗し河川などに流出した結果、微細プラは上下水や海水に広く分布しているとされる。5ミリメートル未満の大きさという目安はあるが、明確な定義は定まっていない。(c)時事通信社