【8月21日 時事通信社】中国外務省の耿爽副報道局長は21日の記者会見で、中国本土に出張中、行方不明になっていた英政府の香港総領事館職員について、広東省深セン市の警察が治安管理処罰法違反で15日間の行政拘留処分を科したことを明らかにした。具体的な容疑や処分時期は説明しなかった。

 耿氏は「職員は香港の公民であり、英国人ではない。中国人だから中国内部のことだ」と、外交問題ではないとの立場を強調。懸念を表明した英政府に対しては「香港に関する無責任な発言をやめ、中国の内政に干渉しないよう要求する」と反発した。職員拘束に関し中国側が自ら、香港で続く抗議活動に同情的な英国の姿勢を問題視したことで、拘束が報復措置の一環である可能性が高まった。

 香港メディアによると、職員はサイモン・チェン氏。今月8日に香港と隣接する深センに出張し、行方が分からなくなった。(c)時事通信社