【8月11日 AFP】開催中の男子ゴルフ米国ツアー、フェデックス・カップ(FedEx Cup 2019)プレーオフ初戦、ザ・ノーザントラスト(The Northern Trust 2019)で、1パットに2分以上もの時間をかけるブライソン・デシャンボー(Bryson DeChambeau、米国)の苦痛なまでのスロープレーに、他選手から不満が噴出している。

 すべて同じ長さにセッティングされたクラブと、パッティングのガイドブックを使っているデシャンボーは、2018年はこの大会を含む米ツアー4勝を挙げ、今年はドバイ・デザート・クラシック(Omega Dubai Desert Classic 2019)を制している。

 ところが、約2.5メートルのパットで永遠にも思える時間をかけてラインを読み、2分以上を費やして打つデシャンボーのいら立たしいスロープレーの映像に、他選手はSNSなどで不満の声を上げている。

 世界ランキング1位で、メジャー4勝のブルックス・ケプカ(Brooks Koepka、米国)は、「もう限界だ」とコメント。イングランドのエディ・ペペレル(Eddie Pepperell)も、デシャンボーと同組でまわった2人に同情しながら、「スローな選手はパートナーにこういうことをして、ゴルフの面白さを損なってる」「問題は、まるで聞く耳を持たない、一つのことしか頭にないこの野郎が、ほかの選手をまるで気にかけてないことだ」と話した。

 イアン・ポウルター(Ian Poulter、イングランド)も、あまりにも進みが遅いので見るのをやめたというファンに謝罪し、「以前からまわりのプロを尊重せず、ルールを破り続けて平然としている選手が何人かいる」「自重すべきだが、まったくそんな気配はない。歯止めがかからないのが残念だ」とツイッター(Twitter)に投稿した。

 世界ランク1位を経験しているルーク・ドナルド(Luke Donald、イングランド)は、フラストレーションをためているすべての選手のためにも、プレーを停滞させる行為に対策をするべきだとツアー側に求めている。ドナルドは「ゴルフのスロープレーは今に始まったことじゃないが、SNSやテレビの力で目に留まる機会が増えた。今こそ動くべき最高のタイミングに思える。今はもう2019年なんだ。一緒にこの問題を解決しようじゃないか」とツイートしている。

 ゴルフでは、ショットの際の推奨時間として「40秒ルール」があるが、ケプカはこのルールをたびたび破っている選手がいるにもかかわらず、ルールが厳密に適用されていない状況が続いている点を指摘している。

「僕らはプレーをしに来てるわけだから、口を挟むことじゃないと言われればその通りだ」「だけど同時に、これはルール関係者次第でもある」「池ポチャをすれば1打罰を食らう。そうルールブックに書いてある。そして、ショットの際の持ち時間は40秒ということもルールブックに書いてある。僕がペナルティーを求めているんじゃなくて、全部ルールに書いてあるんだ。だから、違反があったらペナルティーを科すべきだ」

 一方でデシャンボーは3日目のラウンドを終えると、自己弁護に出て、「スロープレーについて話そう」と切り出すと、「スロープレーや、どんなふうにゴルフを潰しているかという話がはじまると、自分はゴルフのためにあれやらこれやらしているとなるんだ」と報道陣に対して語った。

 デシャンボーはまた「見せしめ」にされているような気分だとし、「時間のかかる連中は他にもたくさんいるから、残念なとらえられ方だ」と続けた。(c)AFP