【8月9日 AFP】フランス西部のカキ養殖場で、重さ1.44キロ、長さ25センチの巨大なカキが見つかった。ただ、養殖作業員らは巨大カキを堪能することなく、退職した従業員の名前にちなんで「ジョルジェット」と命名した後、海に戻したという。

 巨大カキはフランス西部バンデ(Vendee)県タルモンサンティエール(Talmont-Saint-Hilaire)で2日に見つかった。

 養殖場の従業員は8日、AFPの取材に対し「作業をしながら歩いていたところ、何かが足に当たったのを感じた」と説明。「持ち上げてみると巨大なカキだった」と語った。

 今年4月には、この近くのサーブルドロンヌ(Sables d'Olonne)にある別の養殖場でも重さ1.3キロの巨大カキが見つかっていた。

 従業員は、これほどの巨大カキは「非常にまれ」で、8年の勤務歴の中でも見たことがないと語った。

 巨大カキは最近退職した女性従業員にちなみ「ジョルジェット」と命名された後、海に戻された。退職した女性は「社内で女家長のような人物だった」という。

 従業員らは、養殖カキの成長スピードから考えて、ジョルジェットは13~15年ものだったとみている。(c)AFP