7月上旬に開催されたグッドウッドFoSでのこと。ロータス・カーズのパビリオンの受付でびっちりと難解な英語で書かれた誓約書にサインをすると、多くの人々で賑わう展示スペースの裏に隠された、真っ暗な部屋に通された。そこに待っていたのは、1947年にコーリン・チャップマンがマー ク1を製作して以来、ロータスにとって130番目のプロジェクトとなるブランニュー・モデルだった。〝E〟で始まるロータス製ロードカーの慣例に倣い、EVIJA(エヴ ァイヤ)と名付けられた2座スポーツカーは、ロータスの市販モデルとして初のピュアEVである。

モーターユニットはウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング製で、500ps以上のモーターを4つのホイールに配置した、AWDレイアウトを採用。2000kWのリチウムイオンのバッテリー・ユニットは、 重量バランスを考慮しシート後方にコンパクトに纏められている。そのスペックはシステム全体で最高出力2000ps以上、最大トルク173.4kgm以上で、0 - 100km /h加速は3秒以下、最高速度は320km/h以上を謳う。

まるでLMPマシンのような室内。カーボン製楕円ステアリングのスイッチで5つの走行モードを選択。エアコンなどの操作は中央のタッチパネルで行う。

ロータスらしさはあるか?

このようにロータス史上前例のない高いパフォーマンスを受け止めるため、シャシーには市販モデル初のフルカーボンコンポジット・モノコックを採用。全長4459×全幅2000×全高1122mmとエヴォーラよりひと回り大きく低いボディ・カウルもフルカーボン製となっているが、そこにエヴァイヤのもう1つの特徴がある。「これまでのロータスとは次元の異なる高いパフォーマンスを実現するため、ボディ・デザインにおいてはドラッグ低減とダウンフォースの増大を両立する必要がありました」と話すのはデザイン・ディレクターのラッセル・カーだ。彼によると、フロント・ノーズ両脇から前輪後方、そしてリア・フェンダーからテールへと抜ける大きなトンネルと、アンダー・フロアに設けられた巨大なディフューザーによるエアフローのおかげで、ウイングなどの空力付加物を備えずにLMP2マシン並みのダウンフォースが獲得できたという。さらに、F1でお馴染みのDRSが装備されているのもトピックの1つといえる。

2020年末に130台限定でデリバリーされる予定(価格は150万~200万£)ということもあり、LG製ディスプレイ・モニターや、F1マシンのような楕円形カーボン・ステアリングを備えたコックピットの完成度も高いものだった。となると気になるのが「EVになってもロータスらしさが失われていないか?」という一点だ。するとカーは待ってましたとばかりにこう答えてくれた。「エヴァイヤには軽く革新的というロータスの伝統が息づいています。車両重量は1680kgで、シャシー・ダイナミクスもハンドリング・マイスターだったロジャー・ベッカーが作り上げたセオリーに則ったものです。そういう意味でも、紛れもないロータスといえるでしょう」

リア開口部の周囲に備わるLEDテール・ランプはジェット機のアフターバーナーがモチーフという。

文=藤原よしお

上田純一郎(愛車/ロータス・エリーゼ) 令和元年、新車はこの20台が欲しい!

オープン・スポーツカーはイギリスに限る! モーガン・ロードスターとエリーゼ・スプリント220に試乗!!

目黒・青葉台 ねじれた壁の家と26年物ロータス・ヨーロッパ/クルマと暮らす12

ニュース提供社について
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>