【8月18日 AFP】イラクで自殺する若者が増えている──。イラク社会ではこれまで、自殺について触れることはタブーとされてきたが、問題への対応が求められる中、初めてその実態が明らかになり始めた。

 自殺を試みたことがあるというイラク人女性のナダさん(仮名、24)が、AFPの取材に応じた。ナダさんは、「学校にも通わせてもらえず、兄弟たちから性的虐待を受け続けた。12歳の時に初めて自殺を試みた」と述べ、「トンネルの出口が見えなかった」と当時の心境を説明した。

 その後も自らの命を絶つ試みを幾度となく繰り返し、その数は10年間で30回以上に及んでいると打ち明けた。

 ナダさんは現在、夫からの虐待行為がある中で2人の子どもを育てている。これまでの経験についてはまだ誰にも話しておらず、メンタルヘルスの専門家にも相談したことがないという。

 イラクの政府人権委員会のデータによると、2016年に記録された自殺者の数は383人だったが、2018年にはこの数字が519人となった。さらに今年は1~4月だけですでに200人近くとなっており、イラクにおける自殺者の数が近年、増加傾向にあることが分かる。

 自殺する若者が増えている現状を受け、イラクの政治機関や宗教団体、メディアなどは、これまであまり実態を把握できていなかったこの社会問題と真っ向から向き合うことを余儀なくされている。

 しかし、自殺や自殺未遂の件数は、発表されている数字よりも実際にはもっと多いと思われる。特に自殺未遂に関しては、自ら命を絶つ試みを恥と考え、親族が当局に通報しないケースが少なくないのだ。

 首都バグダッド南部ナーシリーヤ(Nasiriyah)出身のアフマドさん(24)も、過去の自殺未遂についてAFPの取材に応じた。アフマドさんは、好意を寄せていた女性との結婚を家族に禁じられたことが原因となって、これまでに服毒自殺を2回試みたことがあると話した。

「もう自殺するしかなかった。両親は愛のある結婚に対して全く理解がなかった」