【7月14日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は13日、新たに宇宙軍司令部を創設すると発表した。将来的には空軍と統合されるという。

【図解】月をめぐる各国の宇宙開発の歴史

 パリ中心部のシャンゼリゼ(Champs-Elysees)通りで軍事パレードが行われるフランス革命記念日(Bastille Day)前夜に行われた発表は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が提唱する宇宙軍創設の動きを反映したものだ。

 マクロン氏は恒例となっている革命記念日前日の行事に集まった軍上層部に対し、「宇宙におけるわが国の能力の発展と強化を確保するため、9月に宇宙担当の最高司令部を創設する」と述べた。マクロン氏は昨年、宇宙防衛戦略の必要性に言及しており、今回の発表はその結果だという。

 マクロン氏はさらに、「この宇宙と軍に関する新方針は、国防省によって提案され、私が承認したものだ。わが国の宇宙における防衛能力を確保するものとなる」「われわれは宇宙の状況に関する知識を強化し、積極的なやり方を含めて衛星の防御を固めていく」と続けた。

 財源の詳細については後日、フロランス・パルリ(Florence Parly)国防相から発表されるという。

 米国と中国、ロシアが宇宙における軍の即応性強化への予算を増やし、関心を高めている中、フランスもその動きに続く格好となった。

 観測筋によると、地球周回軌道上で行われるスパイ衛星や位置特定、ジャミング、通信、サイバー攻撃などの軍事活動は、増加している。(c)AFP/Daphné BENOIT