【7月12日 CNS】全国の鉄道ダイヤが7月10日午前0時、改正された。新ダイヤ初日の午前10時58分、北京・天津(Tianjin)・河北(Hebei)地区と香港の西九竜(West Kowloon)駅を直接結ぶ「復興号(Fuxinghao)」G305列車が、天津西駅を出発した。

 同列車は午前11時44分、河北省の雄安(Xiongan)新区の白洋淀(Baiyangdian)駅に停車した後、香港に向かい、高速鉄道で雄安新区と香港が直接結ばれることになった。

 天津から香港へ向かう高速鉄道「復興号」は、新ダイヤで新たに編成された列車で、途中、河北省では白洋淀駅の他、石家庄(Shijiazhuang)駅と邯鄲(Handan)駅にも停車する。これら3か所も新ダイヤで初めて香港と直接結ばれた都市となった。

 終点の西九竜駅に到着する前には、河南省(Henan)鄭州東(Zhengzhoudong)駅、湖北省(Hubei)武漢(Wuhan)駅、湖南省(Hunan)長沙南(Changshanan)駅など重要な都市を経由し、全行程2450キロをわずか10時間前後で運行する。

 全行程の2等座席料金は1092元5角(約1万7200円)。(c)CNS/JCM/AFPBB News