【7月22日 AFP】ダニエル・リュー(Danielle Liu)さん(10)は、頭に本を乗せ、真っすぐ前を見つめ、バランスを取りながら床に引かれた赤い線に沿って慎重に歩く。母親のチェン・リヤン(Cheng Liyan)さんは、このレッスンを受ければダニエルさんは「小さなレディー」となり、過酷な競争が繰り広げられる中国エリート層の子どもの間でもひときわ輝く存在になると期待している。

 中国・上海中心部にある五つ星ホテルの最上階で6月に行われたマナー教室には、7~11歳の子ども8人が参加していた。男の子4人はボウタイにスーツ、ピカピカの黒い靴というこざっぱりとした服装で、女の子4人はふわっとしたドレスを着て、天使のような笑みを浮かべている。

 料金は、子ども1人につき4時間2688元(約4万2000円)。クラシック音楽が流れる中、社交術やテーブルマナー、立ち振る舞い、自己紹介やあいさつ、頬と頬を合わせて音を立てるだけのキスやディナーの席にふさわしい話題まで学ぶことができる。

 ある男の子は、頭に本を乗せて歩く練習で「バランスに問題がある」と注意されていた。また、両肘が開かないよう脇の下にA4サイズの紙を挟んでスープを飲むレッスンでは、別の男の子が「怖い」と繰り返しながらスープを飲もうとしていた。床はすぐに落ちた紙でいっぱいになった。子どもたちは前かがみにならないように肩のあたりを赤いひもで固定されていたが、それでも前かがみになってしまった子どもは講師らから英語や中国語で優しく注意を受けていた。