【7月13日 CNS】中国・河北省(Hebei)秦皇島市(Qinhuangdao)青竜満族自治県(Qinglong Manchu Autonomous County)で、牛や羊が正体不明の動物に襲われる事態が起きている。当地の林業局が1日午前に得た情報をもとに専門家が現場を調査したところ、野生のキタシナヒョウと思われる動物が出没したという。同県に多くある入山路の全ての入り口には、薬草採取、放牧、観光などで入山する人に対して、「入山禁止」の標識が掲げられた。

【関連写真】祁連山でユキヒョウが撮影される

 同県の青竜鎮老爺廟(Laoyemiao)影壁山村(Yingbishan)の村民馬さんは6月13日、付近の山で羊を放牧していたが、昼食で一時帰宅した後、山に戻ってみると、羊の群れはいなくなっていた。辺りを捜したところ、7匹の羊の死骸を発見、残り5匹の行方は分からなかった。死骸の状態から見て、大きな肉食動物にかみ殺されているようだった。

 この後、同県では村民からの被害報告が続々と寄せられた。正溝(Zhenggou)営林区では、家畜が大型野生動物に襲われ、羊17匹と牛1頭がかみ殺されたという。

 村民の話では、40年以上前にも野生のヒョウやオオカミが出没したことがあったが、近年ではヒョウの出没は見られなくなっていた。

 河北省林業・草原局は、現地に赤外線探知機を設置し、野生の肉食動物への警戒態勢を敷いている。(c)CNS/JCM/AFPBB News