【6月15日 AFP】インド西部グジャラート(Gujarat)州バドダラ(Vadodara)県で14日夜、ホテルの汚水処理タンクを清掃中、7人が窒息死した。警察が15日、明らかにした。7人は安全装置を身に着けていなかったという。

 死亡した7人のうち、4人はタンク清掃のために呼び出された一方、清掃を手伝っていた残りの3人はホテルの従業員だった。

 救助活動を率いた地元消防当局のニクンジ・アザド(Nikunj Azad)氏は、「最初に1人がタンクの中に入ったが、出てこず呼び掛けにも応答しなかった。助けるために他の清掃員3人もタンクの中に入って行った」と説明。しばらくしても4人は現れず、ホテルの従業員3人がタンクの中に入って行き、7人全員が死亡したという。

「遺体は運び出され、検視に送られた」と同氏は明かしている。

 警察によると、ホテルの経営者に過失致死の容疑が掛けられている。

 インドでは主に低カーストに属する数十万人もの人が「素手の清掃人」として、防護服やマスクを使用せずに下水管や汚水処理タンクの清掃に従事している。

 有毒ガスが充満した下水管での窒息死は、インド各地で頻繁に報じられており、昨年には首都ニューデリーで、下水処理タンクの清掃中に5人が死亡する事故が起きていた。(c)AFP