【6月11日 AFP】インドで昨年起きたイスラム教徒の遊牧民の少女(8)の集団レイプ殺人事件で、裁判所は10日、ヒンズー教徒の男6人を有罪と認めた。事件は広く知れ渡って恐怖を呼び起こし、宗教間の緊張を高めていた。

 インドでは性暴力が横行し、子どもたちも犠牲になっている。昨年の事件を受けて市民の怒りが噴出し、政府は子どもをレイプした者への死刑適用を決めた。

 起訴状によると、少女は昨年1月10日、馬に草を食べさせていた際に拉致され、北部ジャム・カシミール(Jammu and Kashmir)州カトゥア(Kathua)地区の村に連行された。

 薬を飲まされてヒンズー教寺院に拘束された少女は5日間にわたって繰り返しレイプを受けた後に、首を絞められたり殴られたりして殺されたという。

 少女が標的にされたのは、遊牧民を恐怖に陥れ、同域から追い出すことが目的だったとみられており、強姦(ごうかん)および殺人罪で有罪となった3人の中には、村長と警察幹部も含まれている。

 パンジャブ(Punjab)州パタンコート(Pathankot)の裁判所前で取材に応じた検察官は、6人に対する量刑は後に言い渡されるとしている。死刑または終身刑に処される可能性がある。

 映像は警察に付き添われて法廷や裁判所を出る被告らや、裁判所の周辺に集まる人たち。10日撮影。(c)AFP/Jalees ANDRABI