【5月21日 時事通信社】英国の新党「ブレグジット(英EU離脱)党」のファラージ党首が20日、欧州議会選挙集会のため訪れた中部ニューカッスルで反発する市民から、ハンバーガー店で売られるシェイクをかけられた。欧州議会選を前に同様の被害が相次いでおり、店側が販売を一時自粛する事態にもなっている。

 シェイクをかけた32歳の男は警察に拘束される前、英PA通信に「彼が街にいるのは知らなかったが、今しかないと思った」と話した。ファラージ氏はツイッターで「(EU支持者が)過激になっており、普通の選挙運動もできなくなっている」と非難した。

 英国では、ファラージ氏がかつて党首だった英独立党(UKIP)の候補らがシェイクを投げ付けられる事件が相次いでいる。ファラージ氏が先週集会を行った場所近くのマクドナルドは警察の要請でシェイクやアイスクリームの販売を一時停止した。(c)時事通信社