【5月15日 AFP】米カリフォルニア州ハリウッドにある映画館「TCL チャイニーズシアター IMAX(TCL Chinese Theatre IMAX)」で14日、俳優のキアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)が、セメントに手形や足形を残すセレモニーに臨んだ。リーヴス主演の映画『ジョン・ウィック:パラベラム(JOHN WICK: CHAPTER 3 - PARABELLUM)』のチャド・スタエルスキ(Chad Stahelski)監督や共演者のローレンス・フィッシュバーン(Laurence Fishburne)、ハル・ベリー(Halle Berry)らも出席した。

 リーヴスは10日に行われた同映画のプレミア上映で、15歳で演劇を始め、20歳の時に俳優になる夢をかなえるため、カナダのトロントからハリウッドに自分で車を運転してやってきたと語った。

 チャイニーズシアターの前庭には、映画界に貢献したスターの手形や足形が展示されている。(c)AFP