【5月14日 AFP】整った白いひげ、インドの伝統的なシャツの上にベストを羽織ったアビナンダン・パタック(Abhinandan Pathak)氏(58)は、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相にそっくりの風貌で注目を集めている。

 パタック氏は背丈や体つき、歩き方さえモディ首相とよく似ているが、ただのそっくりさんではない。モディ首相の「公約違反」を批判し、首相率いるインド人民党(BJP)に対抗する無所属の立場で総選挙に出馬している。

「私の方が本物で、モディ首相が私のそっくりさんなのだ」と語るパタック氏は、徐々に支持を広げている。

 7週間にわたった大規模な選挙運動と9億人による投票は、19日に終わりを迎える。

 同国で最も人口の多いウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州の州都ラクノー(Lucknow)にある、一部屋しかない質素な自宅でAFPの取材に応じたパタック氏は、「(モディ首相に対する)国民の怒りは確かにある。どこに行ってもそれを感じる」と述べた。

 モディ首相が2014年に当選したとき、パタック氏はモディ首相を支持していた。人々は首相に似ているパタック氏を見て喜び、「一緒に自撮りを求められたり、抱きつかれたりした」という。

 それが今では、「私を見たら皆怒る」とパタック氏は嘆いている。当時モディ首相が「良い時代が来る」というスローガンを掲げていたことから、周囲から「『良い時代はどこに来ているんだ』と尋ねられる」のだという。

 映像は4月17日撮影。(c)AFP/Abhaya SRIVASTAVA