【4月28日 AFP】18-19イングランド・チャンピオンシップリーグ(2部)は27日、第45節の試合が行われ、ノリッジ・シティ(Norwich City)がホームでブラックバーン・ローバーズ(Blackburn Rovers)に2-1で勝利し、プレミアリーグへの昇格を決めた。ノリッジにとっては4季ぶりのプレミア復帰となる。

 この日の勝利でノリッジは、今季残り2試合となっている3位のリーズ・ユナイテッド(Leeds United)に9ポイント差をつけ、プレミアリーグに自動的に昇格する上位2チームの1枠をつかんだ。

 同日に行われた試合では、2位のシェフィールド・ユナイテッド(Sheffield United)が2-0で最下位のイプスウィッチ・タウン(Ipswich Town)を退け、こちらも昇格をほぼ確定させた。

 28日にアストン・ビラ(Aston Villa)と対戦するリーズとの勝ち点差を6としたシェフィールドは、ヨークシャー(Yorkshire)地方のライバルであるリーズに得失点で大差をつけており、よほどのことがなければ自動昇格が決まる状況となっている。

 これで古豪のリーズは、3位から6位のチームがプレミアに昇格する最後の1枠を争うポストシーズンのプレーオフに進むことが濃厚となっている。(c)AFP