【4月19日 AFP】5月14日に開幕するカンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、ケン・ローチ(Ken Loach)氏(82)やテレンス・マリック(Terrence Malick)氏というベテラン監督がノミネートされたことが分かった。同映画祭の総代表を務めるティエリー・フレモー(Thierry Fremaux)氏が18日、明らかにした

 昨年、審査委員長を務めた女優ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)さんは男女平等を訴えたが、今年のコンペティション部門最高賞パルムドール(Palme d'Or)にノミネートされた全19作品のうち、女性監督が手掛けたものはわずか4作品にとどまった。

 また、ブラッド・ピット(Brad Pitt)やレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が出演したクエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(Once Upon a Time in Hollywood)』は、現時点でいずれの部門にもノミネートされていない。フレモー氏は、『レザボア・ドッグス(Reservoir Dogs)』を手掛けたタランティーノ監督について、最後の最後まで門戸は開けてあるとほのめかした。

 またフレモー氏は報道陣に対し「まだ準備は終わっていない」「少しラストスパートをしなければならない…良い知らせを伝えられることを願っている」と話した。

 ローチ監督は2016年に『わたしは、ダニエル・ブレイク(I, Daniel Blake)』でパルムドールを受賞し、当時これが最後の作品だと語っていたが、ギグエコノミー(インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方)に対する批判を込めた最新作『Sorry We Missed You(原題)』で復帰を果たした。

 また、フレモー氏は、第2次世界大戦(World War II)を主題にしたマリック監督の『A Hidden Life(原題)』が、プレミア上映されることも明らかにした。この作品は、良心的兵役拒否したため1943年にナチスドイツによってギロチン刑に処せられたドイツ人を描いている。

 オープニング作品は、カルト的人気を誇る米監督ジム・ジャームッシュ(Jim Jarmusch)氏の『The Dead Don't Die(原題)』に決まった。

 今年の審査委員長は、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(Birdman)』『レヴェナント:蘇えりし者(The Revenant)』などの作品で知られるメキシコのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro Gonzalez Inarritu)監督が務める。

 映画祭は5月14日から25日まで。(c)AFP/Fiachra GIBBONS