【3月19日 時事通信社】韓国の男性アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」の元メンバー、イ・スンヒョンさん(引退前の芸名V・I)が役員に名を連ねていたクラブをめぐる不正疑惑で、警察庁を管轄する金富謙・行政安全相は19日、記者会見し、「違法行為の根絶に努めなければならない一部警察官の癒着疑惑まで浮上しており、深くおわびする」と謝罪した。その上で、疑惑解明のため、捜査に全力を挙げる方針を強調した。

 文在寅大統領は18日、この疑惑に関し報告を受け、「警察など権力機関が(クラブと)癒着し、違法営業や犯罪行為を黙認していた疑いが濃い」と指摘、徹底捜査を指示していた。

 警察はイさんが外国人投資家らに売春をあっせんした疑いがあるとみて捜査。クラブで客が薬物を使用した疑惑なども報じられている。こうした中、イさんらと親しかった警察官が捜査情報を流すなどしていた疑惑も浮上している。(c)時事通信社