【3月16日 AFP】テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2019)は15日、男子シングルス準々決勝が行われ、大会第4シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)は6-4、6-4でホベルト・ホルカシュ(Hubert Hurkacz、ポーランド)に快勝し、第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)との準決勝に進出した。

 ノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)と並ぶ通算5度の大会制覇を誇るフェデラーは、米カリフォルニア州の砂漠地帯インディアンウェルズ(Indian Wells)の大会で単独最多6度目の優勝を目指すべく、ナダルと通算39回目にして同大会では4度目の対戦に臨むことになった。

 同大会を通算3度制しているナダルは、これまで5回対戦して一度も負けたことがない第12シードのカレン・ハチャノフ(Karen Khachanov、ロシア)との準々決勝に7-6(7-2)、7-6(7-2)で勝利。フェデラーとの直接対決では通算23勝15敗と勝ち越しているが、ハードコート大会ではフェデラーが最近の5試合を含めて20戦中11勝を記録している。

 直近で最後の対戦となった2017年10月の上海マスターズ(2017 Shanghai Rolex Masters)決勝でもストレートで勝っているフェデラーは、ナダルとの対戦についてファンが抱くような期待感はないかもしれないとする一方で、両者が激突するときは常に大接戦になると認識しており、「いつも以上のエネルギーでラファ(ナダル)に向かっていければ、いつだって大接戦にもつれる」と話した。

 四大大会(グランドスラム)通算20勝に加え、先月のドバイ・テニス選手権(Dubai Duty Free Tennis Championships 2019)ではキャリア通算100回目の優勝を飾ったフェデラーは、スタジアムのコートに吹き荒れる風とハングリー精神で向かってくるホルカシュに打ち勝った。現在22歳で世界67位のホルカシュは、これがマスターズ1000(ATP World Tour Masters 1000)では初めての準々決勝で、キャリアでも2度目のベスト8入りだった。

 今大会ではサービスゲームを39回中38回ものにするなど、セットを一つも落とさずにベスト4入りを決めたフェデラーは、「全体的に、ここまでのパフォーマンスにはとても満足している」とすると、「良い調子だ」「楽にサービスゲームをキープできていて、良い精神状態が保たれている。今週はここまでそれが示せているから、この調子を持続していきたい」と語った。(c)AFP/Rebecca BRYAN