【3月16日 AFP】テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2019)は15日、女子シングルス準決勝が行われ、18歳のビアンカ・アンドリースク(Bianca Andreescu、カナダ)が6-3、2-6、6-4で大会第6シードのエリナ・スビトリーナ(Elina Svitolina、ウクライナ)を撃破し、自身のキャリアで最も大きな大会での決勝進出を決めた。

 世界ランキングが今季開幕前の152位から60位まで浮上しているアンドリースクは、今大会では準々決勝で元世界1位のガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza、スペイン)にも勝つなど快進撃を続けている。

 プレミア・マンダトリー(Premier Mandatory)の本大会に出場するのはキャリア初で、ワイルドカード(主催者推薦)でインディアンウェルズ(Indian Wells)大会の決勝に勝ち進んだ史上初の女子選手となったアンドリースクは、観客に向かって感極まりながら、「このことを実感するには時間が必要。信じられない」「今週は夢が現実となっている」と語った。

 アンドリースクの夢はまだ終わっておらず、決勝では第8シードのアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)に挑むことになった。

 ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2018)の現女王であるケルバーは、同日の準決勝で第23シードのベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic、スイス)を6-4、6-2で退け、けがから復活を遂げていた同選手の連勝を12で止めた。

 先月のドバイ・テニス選手権(Dubai Duty Free Tennis Championships 2019)で4年ぶりのタイトルを獲得したベンチッチに対し、ケルバーは最後の3ゲームを奪って試合を締めくくった。(c)AFP