2019年2月21日



NTTドコモ



NTTドコモは、2月19日に宮城県仙台市において、「地方創生セミナーin宮城」を開催いたしました。



 NTTドコモは、2月19日(火曜)に宮城県仙台市において、「地方創生セミナーin宮城」を開催いたしました。



 ドコモでは、「地方創生セミナー」として地方創生関連ソリューションの展示と「5G・観光・キャッシュレス・一次産業・行政事務の効率化(働き方改革)」など、地方創生に関わる各テーマについて、ドコモのICT(情報通信技術)に関する講演を全国各地で開催しています。

 また、外部講師を招いて、開催地のトピックスに沿った地方創生や災害対策等の講演をいただき、ドコモの推進する「地方創生」の取組みを多方面からご紹介しています。



 今回の宮城セミナーにおいては、先端教育機構 事業構想大学院大学 織田本部長から、地域活性化を推進するにあたっての事業構想の立て方や、SDGsを実現する手段としてのシティープロモーションを、地域の観光資源へランニングコースを整備する事例を交えながら、ご講演いただきました。また、東北大学 今村教授からは、東日本大震災から学ぶ生存モデルの構築、津波人的被害ゼロ化の戦略等のご講演をいただき、常識にとらわれない復興・再生・イノベーションに関するご説明をいただきました。

 会場内では、仮想空間内で5Gの超高速通信が体感できる5Gデモバスや、点検業務やスタジアムでのスポーツ・コンサート放送等で利用できる高精細な4K品質のカメラを搭載した有線ドローンを展示し、たいへん多くの方にご好評をいただきました。



 当日の開催概要については、以下をご確認ください。



【開催概要】

 日時:2019年2月19日(火曜)13:30~17:20

 場所:仙台国際ホテル

 宮城県仙台市青葉区中央4-6-1

 来場者数:144名

 基調講演・特別講演:

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902213397-O1-u6iMQGB9 】

 主な展示物:

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902213397-O2-JtK75IBj 】





 ドコモは、パートナー(自治体・企業)様ともに、ICTを活用した新たな価値を提供することで、社会課題の解決を進め、日本の成長と豊かな社会の実現をめざしていきます。



 ドコモの地方創生の取組みについては、ドコモのホームページでご紹介しています。