株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、2月13日(水)~14日(木)の2日間にわたり、東京ミッドタウンホールにおいて「VR FORUM 2019~Data Orchestration~」を開催し、当社が考える新視聴率計画をはじめ、各種メディアとの取り組み、デジタルマーケティング施策へのソリューションサービス等を紹介しました。



VR FORUM 2019では全25講演を実施、延べ3,555名のお客様にご来場頂きました。

2日間を通して実施した講演・パネルディスカッションの中から、一部内容を紹介します。







[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1272/31607/350_233_201902211043245c6e023c1cc5d.jpg
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1272/31607/350_233_201902211043275c6e023fc9099.jpg







テレビのメディアデータ整備の考え方

(2/14(木)9:40~10:55 ホールA)

【登壇者】ビデオリサーチ テレビ事業局長 橋本 和彦



昨年のVR FORUM 2018にて提示した「テレビ視聴環境の変化に対応するこれからの視聴率」の考え方をベースに、各方面の皆様と意見交換を重ねてきました。

今回のVR FORUM 2019では、その意見交換の総括として、新視聴率計画の改めての提示、そして、ビデオリサーチが考える「テレビメディアデータとしてのあり方」「共通指標として利用いただく視聴率はどうあるべきか」というテーマのもと、説明しました。







新視聴率計画がめざすこと

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1272/31607/600_184_201902211045135c6e02a9edd5f.jpg



新視聴率計画における各地区の調査設計

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1272/31607/700_284_201902211045175c6e02ad4520c.jpg



   ※1:名古屋地区タイムシフトデータの提供開始は18年7月~

   ※2:テレビCM速報サービスとして、ナショナルクライアントのCMを中心にCM出稿情報を提供









さらに、新視聴率をベースとした「テレビのメディア価値を正しく表す」方法としては、





調査サンプル拡大地区のデータ提供・活用~ACR/ex連携によるプロフィール分析~

全国を表現するデータの具現化

放送局由来の動画配信の視聴測定と指標の検討

BSの価値を示すデータの検討





この4つの視点で現状の議論・検討状況をご紹介しました。



また、新視聴率計画のさらに先に対する当社の考えとして、





これからのテレビメディアデータについて、「コンテンツ視聴の全てを把握」していく取り組み

視聴率調査をベースとして"実数データ"を活用していく取り組み





の2点を提示しました。



新視聴率計画を軸に、今後起き得る様々な変化に対応し、その実態をデータとして示すことを進めてまいります。







~ プログラム ~

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1272/31607/700_466_201902211045215c6e02b10223f.jpg







ビデオリサーチは、テレビ視聴率調査をはじめ、ラジオ、新聞、雑誌、屋外メディア、インターネットなどの各種媒体接触・評価調査、広告効果調査・分析などのメディアリサーチサービス、および生活者動向や商品・ブランドの市場調査、世論調査などのマーケティングリサーチデータを提供する総合リサーチ企業です。





本件に関するお問合わせ先

株式会社ビデオリサーチ

経営管理局 コーポレートコミュニケーション室

TEL: 03-5860-1723 FAX.03-3556-8914 E-mail:info@videor.co.jp



関連リンク

VR FORUM 2019にて全25講演を実施 ~新視聴率計画の詳細も発表~

https://www.videor.co.jp/press/2019/190221.htm