TerraPayがアジアで事業拡大、スリランカへの即時送金でPan Asia Bankと提携

AsiaNet 77511 (0264)


【アムステルダム、コロンボ(スリランカ)2019年2月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界中のスリランカ労働者は毎日24時間、スリランカのどの銀行口座へも即時送金可能

TerraPay(https://www.terrapay.com )がPan Asia Bank(http://www.pabcbank.com )と提携し、TerraPayのネットワークパートナーはスリランカの全銀行口座に即時の国際送金が可能になった。世界中のスリランカ移民はTerraPayの提携窓口もしくはインターネット、携帯アプリを通して、本国の家族や友人の銀行口座へ即時に送金できることを意味する。このサービスは休日を含む毎日24時間利用できる。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/717237/TerraPay_Logo.jpg )

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/824365/TerraPay_Pan_Asia_Bank.jpg )

TerraPayのリアルタイム少額決済ネットワークは世界のすべての金融手段を結ぶ。同社は国際また地域、国内市場でモバイルウォレットの相互運用を実現している。TerraPayの相互運用エンジンによって、顧客はさまざまな支払い手段、プラットフォーム、地域にまたがるリアルタイム取引ができる。

TerraPayのアニルダ・セイン最高業務責任者(CBO)は「スリランカ大手銀行のPan Asia Bankと、1000万以上の銀行口座への即時送金に関して提携したことをうれしく思う。TerraPayはだいたい、50カ国以上の15億を超える銀行口座と2億強のモバイル・マネーウォレットで、リアルタイムに国際送金を受け取れるようにした。われわれの目標はこの数字を2020年までに2倍にすることで、この成長ではアジアが最前線になる」と述べた。

Pan Asia Bankの情報技術担当責任者(DGM)のジェラルド・ワニガラトネ氏は「送金事業の拡大戦略に沿ってTerraPayと提携し、わが銀行網で顧客に便利で素早い送金サービスを提供できることを喜んでいる。この提携は間違いなく、現在と未来の顧客に幅広い銀行サービスを提供するPan Asia Bankの能力を高めることになる」と述べた。

▽TerraPayについて
TerraPayは世界初のモバイル決済スイッチで、モバイルウォレット向けのB2B取引処理、支払い、決済サービスである。TerraPayの最高クラスの技術は、さまざまな決済手段やプラットフォーム、地域において、顧客がリアルタイムで送金・受領することを可能にする相互運用エンジンとして役立っている。

TerraPayは、210億ドル規模のMahindra Groupの一部としてモバイル金融ソリューションを提供するグローバルリーダーのComvivaから誕生したB2B企業である。TerraPayは数カ国の司法管轄圏で登録され、その規制を受けている。英国では金融行為規制機構(FCA)の規制下にある。

▽広報問い合わせ先
TerraPay
Sundeep Mehta
media@terrapay.com

ソース:TerraPay