【2月20日 AFP】19日に発表された米国のシングルチャート「ビルボード・ホット100(Billboard Hot 100)」で、米人気歌手アリアナ・グランデ(Ariana Grande、25)がトップ3を独占し、1964年の英ビートルズ(The Beatles)以来、半世紀以上ぶりとなる快挙を成し遂げた。

 トップ3入りしたのは「セブン・リングス(7 Rings)」、「ブレーク・アップ・ウィズ・ユア・ガールフレンド、アイム・ボアド(Break Up With Your Girlfriend, I'm Bored)」、「サンキュー、ネクスト(Thank U, Next)」。グランデはこれに先立ち、5作目となる新アルバムがビルボードのアルバムランキングで初登場1位に輝いていた。

 ビートルズは1964年4月、「キャント・バイ・ミー・ラブ(Can't Buy Me Love)」、「ツイスト・アンド・シャウト(Twist and Shout)」、「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット(Do You Want to Know a Secret)」の3曲で同シングルチャート上位3位を独占した。

 全ジャンルの楽曲を対象とした「ビルボード・ホット100」では、米国のストリーミング、ラジオ放送、デジタルセールスのデータに基づいて順位を出している。アリアナはさらに、同チャートのトップ40に同時に入った曲数が11曲と、ラッパーのカーディ・B(Cardi B)が保持していた記録(9曲)を上回り女性アーティスト史上最多を記録した。(c)AFP