【1月30日 AFP】ブラジル南東部ブルマジーニョ(Brumadinho)で鉱山のダムが決壊した事故で、地元当局は29日、死者が84人に増えたと明らかにした。

 死者は先に65人と発表されていた。一方、292人とされていた行方不明者は276人に修正された。

 事故は25日に発生。ブルマジーニョがあるミナスジェライス(Minas Gerais)州の地元当局者は、泥流に覆われた現場で5日間にわたって集中的な捜索活動を行い、これまでに42人の遺体の身元が判明したことも明らかにした。(c)AFP