【1月27日 AFP】インドネシア・スラウェシ(Sulawesi)島で先週発生した豪雨による洪水や土砂崩れで、当局は26日、死者が少なくとも68人に達したほか、数千人が避難を余儀なくされていると発表した。

 今も14県の住民約6700人が、避難所や学校、テント、モスクなどで避難生活を送っている。防災当局がこれまで孤立していた県にたどり着いて情報を更新したため、避難者数は前日発表された3400人の2倍近くに増えた。

 この災害で今も6人が行方不明となっているが、水は引き始め、交通網は徐々に復旧に向かっている。インドネシアで洪水や土砂崩れは珍しくなく、雨季の10~4月ごろに特に多い。(c)AFP