【1月18日 AFP】米ハワイ州オアフ(Oahu)島の沖合で、巨大なホホジロザメをダイバーたちが発見した。体長約6メートルの雌で、ダイバーと一緒に泳いだという。

動画:ハワイ沖に巨大ホホジロザメ出現、体長6メートルの雌 ダイバーと泳ぐ

 巨大ザメは15日、他のサメがマッコウクジラの死骸に群がっているところに突然、姿を現した。世界最大級のホホジロザメ「ディープ・ブルー(Deep Blue)」とよく似た斑点が体にあったという。

 発見者のダイバーの一人、オーシャン・ラムジー(Ocean Ramsey)さんは、地元紙ホノルル・スター・アドバタイザー(Honolulu Star Advertiser)に対し、「何匹か(イタチザメを)見つけたところに(巨大ザメが)近づいてきた。他のサメたちは散り散りになった」と語った。

 巨大ザメはラムジーさんたちのボートに体をこすりつけ始めたが、「とても大きな、美しく穏やかなサメ」で、体をどこかにこすりつけたかっただけのようだという。ラムジーさんらは日の出とともに海に出たが、ほぼ一日中ずっと巨大ザメと一緒に泳ぎ、写真を撮影していたという。

 ラムジーさんによれば、このサメは少なくとも50歳に達しており、体重はおよそ2.5トンと推測される。「衝撃的なまでに太って」おり、妊娠している可能性もあるという。

 ハワイは海水温が高く、ホホジロザメが目撃されるのは珍しい。「ディープ・ブルー」の愛称で知られる世界最大級のホホジロザメは数年前、メキシコ・グアダルーペ島(Guadalupe Island)沖で見つかり、ドキュメンタリー番組で取り上げられている。(c)AFP