【1月3日 AFP】イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)は2日、ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)からクリスティアン・プリシッチ(Christian Pulisic)を獲得した。

 冬の移籍市場2日目にチェルシーは、米国人選手史上最高の5800万ポンド(約78億円)と報じられる移籍金で、20歳のプリシッチと5年半の契約を結んだ。これまでの最高額は、2017年にブンデスのVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)がジョン・ブルックス(John Brooks)獲得時に支払った推定2000万ユーロ(約24億円)だった。

 プリシッチはチェルシーの公式ウェブサイト上に「とても有名なクラブと契約を結ぶことができて栄誉に思う。ワールドクラスの選手たちがいるチームで貢献できる選手になるため、努力していくことが楽しみだ」とコメントしている。

 右ウイングのプリシッチは、今季終了までローン移籍の形でドルトムントに在籍することになる。

 プリシッチは瞬く間にドルトムントのアカデミーを駆け上がると、17歳でブンデスデビューを果たし、欧州で注目の若手成長株としての地位を築いた。昨年11月には、20歳と63日で米国代表トップチームの最年少主将を務めた。(c)AFP