【12月28日 AFP】サッカートルコ1部リーグで首位に立つイスタンブールBBSK(Istanbul Basaksehir)は27日、元ブラジル代表FWのロビーニョ(Robinho)をシヴァススポル(Sivasspor)から獲得したと発表した。

 イスタンブールBBSKの会長は「ロビーニョの移籍について、シヴァススポルとの間で合意に至った」と発表したが、同クラブは、この移籍についてこれ以上の詳細を公表していない。

 過去にレアル・マドリード(Real Madrid)やマンチェスター・シティ(Manchester City)でプレーしたロビーニョは、ACミラン(AC Milan)に所属していた2013年1月、22歳のアルバニア人女性を集団強姦(ごうかん)したとして、昨年にイタリアの裁判所から有罪判決を言い渡されたが、同選手は一貫して無実を主張し、控訴している。

 シヴァススポルは今年1月、ロビーニョと1年半の契約を締結していた。現在34歳のロビーニョは、同クラブで30試合に出場し、12ゴール、5アシストを記録している。(c)AFP